沖縄の2大ダイビングスポット

沖縄のダイビングスポットといえば、やはり「青の洞窟」は外せないでしょう。

青の洞窟とは、沖縄県恩納村の真栄田岬にある洞窟で、その名のとおり、洞窟内は幻想的な青い光に包まれています。

洞窟に差し込む太陽の光が、美しい白い砂に反射して水面を青く光らせているのです。

一度訪れたら、忘れられない光景が広がっています。

また、洞窟の中では、ヒレナガネジリンボウやリュウキュウハタンポなどの沖縄の熱帯魚を目にすることができ、神秘的な空間でのダイビングは、貴重な体験となることでしょう。

青の洞窟は、今沖縄の観光地の中でも、非常に注目度が高いスポットです。

ダイビングライセンスを持っていない方は、シュノーケルのツアーもあるようなので、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

沖縄でおススメのダイビングスポット2つ目は、ダイバーの憧れの海とも言われる慶良間諸島です。

慶良間諸島は、沖縄本島からの距離も遠くないため、高速船だと1時間足らずで行ける島々です。

慶良間の海の魅力は、何といってもその透明度の高さです。「ケラマブルー」と呼ばれるその海では、色とりどりの熱帯魚やサンゴ礁を遠くまで見渡せます。

そして、慶良間のもう一つの魅力が、ウミガメとの遭遇率の高さです。運が良ければ、ウミガメと一緒に美しい海を泳ぐことができるのです。

浅瀬に姿を現すことも多いので、シュノーケリングでもウミガメに出逢えることがあるかもしれませんよ。